12月になりました。何かとせわしいこの季節、いかがお過ごしでしょうか。

来週の12月9日から、フィギュアスケートの「グランプリファイナル」がはじまるそうです。注目は何といっても羽生結弦選手でしょう。何と4連覇がかかっています。

その羽生結弦選手、新たな技を成功させようと練習を積んでいるそうですが、そのときに成功したイメージを思い出し「出来る、出来る、出来る」とつぶやいているそうです。

オリンピックや世界大会など大舞台を踏んでいる羽生結弦選手でも、相当なプレッシャーと闘っていることは、想像に難くありません。そこで「出来る、出来る、出来る」とつぶやき、技を成功させるようにしているのでしょうね。

おかげさまで私も色々なところで、講師・カウンセラーとしてお話する機会をいただいておりますが、傍から見れば「話慣れている」ように見える私も、人の子。緊張することもあります。そんなとき「出来る、出来る、出来る」と言い聞かせて、本番に臨むようにしましょうか。

8ce21c7aff4f4e39c7cadffb5664ea95_s