今日、10月14日は「鉄道の日」です。鉄道ファンの私にとっては、心踊る一日です。

1872年のきょう、東京の新橋ー横浜(桜木町)に、日本ではじめて鉄道が通りました。当時は、電車ではなく、蒸気機関車と客車といった組み合わせで、煙をモクモク上げて走っていたそうです。

dscn0315

▲当時の蒸気機関車です(2007.11.30 鉄道博物館にて撮影)

144年の時を経て、日本の鉄道は進化を遂げ、今や鉄道発祥の地であるイギリスへ車両を輸出するまでになりました。これからも、様々な面で進化を続けていくでしょうね。

また、きょうは熊本地震から半年でもあります。

4月14日、震度7の大地震が熊本を襲いました。さらに3日後にも同じような地震が発生し、家屋やライフラインに大きな被害が出ています。あの熊本城も、痛々しい姿になってしまいました。

熊本県内の鉄道に、未だ不通の区間があります。阿蘇山麓を走る南阿蘇鉄道やJR豊肥本線の一部区間などです。線路が流失し、復旧にあと数年、否十年以上かかるとも言われています。

こんな感じで、阿蘇山麓に鉄道が戻るのは、いつの日になるのでしょうか。

dscn0224

▲JR九州豊肥本線立野駅にて撮影(2007.6.17)

「鉄道の日」と聞けば、お祝いモードになりますが、熊本のことを思うと、諸手を挙げてお祝いとはいきません。ことしの「鉄道の日」は、ちょっと複雑な気持ちであります。