くれたけ心理相談室福岡支部の平山幸聖(ひらやまこうせい)と申します。数あるサイトの中からアクセスしていただき、ありがとうございます。

少し前のことになりますが、先週7月29日(木)のNHKニュース「おはよう日本」で、お金を払って恋愛を学ぶ人が増えているという特集がありました。

詳しい放送内容はこちらから。
http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/07/0728.html

その中で印象的だったシーンがあります。

恋愛講座の一環として企画された合コンに、40代の男性が参加。その男性が、参加者の女性に話しかけたところ、会話を弾ませるチャンスなのに、自分がしゃべりすぎてしまうというシーンがありました。その後、講師から男性に「けっこうしゃべりすぎました?」という声が入ります。

放送を終えた後、改めて他人の話を最後まで聞くことって、難しいなぁと感じ入りました。

人は自分の話を聞いてほしい生き物です。私だって、自分の好きなことをしゃべって「うんうん」と聞いてもらえたときは、とてもうれしくて気持ちよくなります。

でも、相手の人にとってはどうなんでしょう?

私、大学生のころ、親友のM君から「君は人の話を聞いていない!」と一喝された苦い経験があります。めったなことでは怒らない温厚なM君から、こう言われたときの衝撃は忘れられません。

今にして思えば、当時、彼女がいる友人って「聞き上手」な人が多かったような気がします(もちろん、学生ですから「見た目」という要素もあったとは思いますが)。恋愛という名のリングに上る前に、人の話を「聞く(聴く)」練習が大事だなぁと今さらながら感じました。それが、好きな人のハートをつかむ第一歩になるのかもしれません。

2da73c004ee9af020effe4de45dd0ee8_s

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。

それでは、また明日…。