くれたけ心理相談室福岡支部の平山幸聖(ひらやまこうせい)と申します。数あるサイトの中からアクセスしていただき、ありがとうございます。

「きょうのひとこと」第4回目はこれ。

人生なんて案外、「他人」の一言が決めてくれるものなのです
(衣笠祥雄・元広島東洋カープ内野手)

衣笠祥雄さんといえば、プロ野球・広島東洋カープの内野手。連続試合出場2215試合を達成した「鉄人」です。2215試合も試合に出続けるなんて、まさに「無事これ名馬」を地で行くのでしょう。現在はテレビで野球解説者としても活躍中です。

「あなたはこういうのに向いているかもしれない」
「こんな道に進んでみないか」

家族や恩師に、一度はこう言われた経験があるのではないでしょうか。

もちろん私もあります。

先日、家族、友人、お世話になっている就活塾の同僚講師たちから「習字の先生もやってみたら?」と言われ、習字教室を開設できる資格を取ってしまいました。私は、自分の字を達筆だと思ったことは一度もないのですが、周りがこう言ってくれているのですから、その気になってしまったのです。「ブタもおだてりゃ木に登る」ということでしょうか?

c1f22c3140d2749c2bc47eee471408ac_s

こんな感じで、人生は案外「他人」の一言が決めてくれるのかもしれません。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

それでは、また明日。