久々の更新となってしまいました。申し訳ございません。

今朝、NHKニュース「おはよう日本」の6時台で、福岡市の水族館マリンワールド海の中道にいるアシカの「カリン」(メス・4歳)の奮闘記が放送されていました。

DSCN0784

内容は「カリン」と女性飼育員さんの奮闘記です。水族館でのアシカのショーは、ある意味”看板商品”ですよね。「カリン」は、新人(新アシカ?)として、新しい技を覚えようとがんばっていました。

そこで印象的だったのは、レポートで語られた最後のくだりです。

「やればできるは、人間もアシカも同じようです」

飼育員さんは「カリン」に対し、練習で餌を多めにあげてとにかく褒める。成功イメージを植え付けようと必死でした。これって、人間も同じことなのかもしれません。いいイメージがあれば、苦手意識が払拭されて、物事に臨めるでしょうし、逆も然りだと思います。

そうそう、連合艦隊司令長官だった山本五十六も、こう語っているではありませんか。あの名言で、きょうの結びとします。

やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、ほめてやらねば、人は動かず」